2016年11月18日

auto deskのwebCMにマルスプランニングが出演しています。

撮影時は緊張したり、カミカミだったりしてどうなることかと思っていたのですが、仕上がったものは素敵でした。さすがプロ。



http://www.autodesk.co.jp/subscription_merits

2014年10月 6日

気がつけば秋


交通安全週間、四谷警察署はピーポファミリーの着ぐるみを出します。
近所の人がこれで季節を感じるかどうか知りませんが、残暑のない今年、私、彼らを見て秋に気づきました。

IMG_1335.JPG

月初め建築士の定期講習会を受け(眠かった)、翌日人生初の手術を受けました。
と、言っても大腸ポリープの内視鏡による摘出で実感はあまりありません。
ただ、当日から2週ほどは飲酒と運動の制限があり、現在その真っただ中。
20代半ばで本格的にお酒を飲み始めてから、これほど長い間アルコール摂取をしなかった経験はありません(というよりここ10年休肝日すらないと思いますが・・・)。自分ではとても心配でしたが、やってみると案外平気なものですね。もう5日経ちますが問題なしです。

7946.jpg

読書は相変わらずで、月5~6冊のペースですが、最近読んだ中で印象に残ったのが「誰にもあげない」です。
幻冬舎の本は読み応えがある、と、言うかヘビーなものが多い。この出版社に手を伸ばすときは基本的に健康・精神状態ともに良好な時にしています。
物語の要に四谷怪談が用いられているのも親近感があったのかもしれません。お岩稲荷は事務所から徒歩3分の場所で、こちらが元々戯曲であったということは以前にも書かせていただきました。ただ、初めて知ったのですが、お墓は巣鴨なんですね。関係者のお参りは基本あちらに出向くようでして。
まあ、細かい話は良いのですが、とにかく読み応えありました。薄い本なのに読み終わってズッシリ。さすが厳冬舎です。
映画の原作本でもあるらしいですが、映画の内容は大分違うみたいですね。

2014年8月 7日

1年ぶりの更新です!

HPがニューアルしました。
ブログも本当に久しぶりの更新になります。

たまに「更新してよ」という声をお聞きして、イケね、とその時は思うのですが、Face bookを投稿しているとそれで満足してしまい忘れてしまうんですよね・・・

相変わらず、仕事と阿波踊りと呑みを繰り返す毎日です。

在、マルスプランニングは新築住宅3件と古民家再生1件、新築テナントビル2件のプロジェクトが進行中。消費税の増税や復興支援、職人不足とここ数年の建設業界は揺れに揺れ、先行きが見えない状況が続いていますが、なんとかがんばっております。

下は5月に完成しました江戸川にあります日蓮宗寺院城立寺の庫裏です。

お庭を含めた大掛かりな工事でした。

_MG_6706-L.jpg


阿波踊りの方ですが今年6月に飛鳥連の4代目連長に就任しました。ですので夏の阿波踊り比率がさらに上がってしまったような・・・ちなみにブログの最終更新を見ると銀座阿波踊りの閉店で終わっていますが、東京の阿波踊り業界(?)的に言いますと銀座阿波踊りに代わって「新宿阿波踊り」が開店しています。銀座に比べるとアクセスが良いのですがお店が少し小さく踊り手の数なども制限されています。でも、踊れる場所があるというのはありがたいことです。写真は映画「ヌイグルマーZ」DVD発売キャンペーンで行ったフラッシュモブのゾンビメイクです。結構怖いですよね。

先日、これで踊りました・・・ふざけているわけではありません!仕事まじめにやってますので!!

2014072012320000.jpg

2013年6月23日

銀座阿波踊り閉店

梅雨真っ最中ですが、そろそろ夏の声。阿波踊りの季節が目前まで来ています。

夏が終わるまで、何かとせわしない日が続きますが、3年間続いた居酒屋「銀座・阿波踊り」の出演が閉店に伴い昨日で最後となりました。月に1~2度、日2回のステージを行ってきましたが、終わってみると長かったような、短かったような。

写真は最後の出演後に店長の有賀さんと皆で記念撮影。

大変お世話になりました。少しゆっくりしてください。

我々も然り。このお店ができてオフシーズンがなくなり、様々な面で大変でした。これで少し楽になるかな・・・と思ったら、新宿に2号店オープンの計画があるとか??ホントか???
IMG_4241.JPG

2013年2月 9日

諸々

最近Facebookの書き込みと、この前から管理し始めた飛鳥連のHPですっかり満足してしまい、マルスのブログがおろそかになり勝ちです。

先日友人に「プライベートなことが多過ぎるよね」なんて話していたら、「でも書くことは阿波踊りと交通違反で捕まったことがほとんどだから転用すればいいじゃないの」と言われ、見返してみると確かに。しかしながらFBの方はプライベート性が高くて、ついついおふざけが過ぎます。それでも今後は内容見て転用できるものはなるべくしようかと思いました。

 IMG_3335.JPG

下記はFBで一度上げたものをアレンジ。

まず、今進めている現場の話なのですが、中央道長坂インターにありまして、例の笹子トンネルの先なんです。

事故直後は当然通れない。だから、電車&レンタカーで行ったのですが、迂回してきた人間の話ではそれほど混んでなかった、というので次は迂回路。まあ、渋滞はしましたが、約1時間弱余計にかかっただけでした。そのあと片側相互通行となり、この時はほとんどタイムロスありませんでした。トンネル内は例のコンクリート板が取り外されており、なんとも広い空間に。トンネル終わりには例のT型形状の跡が焼印のようにクッキリ残っていました。事故のことを考えると、気持ちのよいものではありませんでした。来週現場に行くときは確か戻っているのかな?いずれにしましても、メンテナンスに対する費用をもう少し割いて欲しいものです。戦後からバブルまで日本は全速力で走り続けたんですから、ガタはたくさんあるはずです。

 IMG_3395.JPG

もう一つ、また踊りの方ですが。

先週、徳島から師匠連の娯茶平をお呼びして練習会を開催しました。去年に続き2回目です。朝から6時間→総会→新年会→2次会(ここまでが公式行事)→3次会(私はここでドロップアウト)→4次会(ラーメン)だったそうです。よくやります。

翌日は、これも2年連続の連長による東京ミステリーツアー。行き先知らされず引っ張り回されました。9:30高円寺スタート→明治神宮→表参道(ヒルズとMOMAショップ)→神楽坂(鳥茶屋で食事)→東大前(?何故か東大ツアー)→本郷の金魚カフェ。

さて。ここで、徳島行きのフライトに間に合わないのではないか、との事態が発生し、皆でダッシュ。飛行場に先乗りしているS副連長に電話してチェックインを済ませ、お土産を電話で指示、ぎりぎり間に合いました。

娯茶平の皆様、最後にはバタバタさせてしまいましたが、今年もありがとうございました!

IMG_3402.JPG

2013年1月 3日

2013年スタート

2013年がスタートしました。

昨年はマルスプランニングにとっても個人的にも様々なことがあり節目の年となりました。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、年末現在進行中プロジェクトのお寺の住職が書かれた本を読ませていただきました。禅の本でしてハッとさせられる切り口から大変興味深い話がたくさんありました。住職はアメリカ禅センターに在職されていたことがあり、挿話にスティーブ・ジョブズの話がありました。知らなかったのですがジョブズ氏は随分この禅センターに通われていたそうですね。

jobs.jpg

ネットサーフィンならぬブックサーフィンで次いでスティーブ・ジョブズに手が伸びました。

予備知識が全くなく、iPhoneの製品発表くらいしか見たことなく、勝手に「穏やかでセンシィブル、肩の力が抜けたスマートな人」というイメージを持っていたのですが、全然違いました。

熱くて、短気、自己中、冷酷、支配的と自分のイメージがあまりにかけ離れていてビックリしてしまいました。

ただ美しい製品を心の底から愛する姿勢はやはりなーという感じです。

 

PC業界におけるオープンかクローズドかという議論はそもそもApple(もしくはスティーブ・ジョブズ)がなければ地球に存在したのでしょうか・・・。

私は今でもPC/AT互換機等のオープン方式がコンピュータと世界のためになると思っているのですが、Apple製品を目の前にすると自分が持っているコンピュータを隠してしまいたくなります。ハードからソフトにいたるまで美しさ、クールさが別次元です。

業界唯一のクローズ企業Appleについて考えるとき、困ってしまうのはデザインだけでなくほとんど発明と言っていい機能や性能を提供し続けていることです。

初代マッキントッシュが素晴しいGUIをつくらなければマイクロソフトのwindowsは存在しなかったでしょうし、あったとしてももっと(さらに?)使いにくいものになっていたでしょう。iMacがなければPCはこんなに早く普及したでしょうか(特に日本で)?iPodがなければタワーレコードが潰れることもなかったでしょうし、iPhoneがなければ携帯電話業界の勢力図は全然違うものになっていたはずです。iPadがなければタブレットのユーザーは1/100もいないのではないでしょうか?

まさに地球という星に衝撃を与える製品たちです。


私がコンピュータを始めた時、まさにiMacが発売された時でしたが、選んだのはPC/AT互換機でした。

私のような人間にとっては「多くの人が使っている」という点が機器選定の重要ポイントになります。建築業界は図面をデータでやり取りするようになり、営業上互換性のない人たちとは仕事ができないわけです。正直なところMacというコンピュータが地球に存在したおかげで人の交流が限定されたことは事実だと思います。他とのビジネスを必要とせずセンシブルに仕事がしたい人は皆Macユーザーになりましたからね。そして我々の業界にはそういう人種が多いのも事実。大げさではなくあの時私がMacを選んでいたら周囲にいる人の顔ぶれも仕事も全く違ったものになっているはずです。これは世界中の様々な業界で起きている現象なはずで、そういう意味でもAppleという会社が地球に与えた影響は半端ではありません。

ただAppleがなかったらコンピュータの発展は(少なくともエンドユーザーにとっては)10年は遅れていたのではないでしょうね。

 

私が初めて手にしたApple製品はiPhone3Gでした。触った瞬間からAppleファンになりました。その魅力には魔力さえ感じました。PCだけは仕事の都合上変える訳には行きませんが、個人的に大変な興味があります。最近のカバンの中はiPhoneはもちろんのことノートPC、iPadwifi端末、増設モニターにそれぞれの充電アダプターとケーブル・・・総デジタル化に伴い荷物が大変なことになっています。せめてiPadを外部モニターとして利用できるようにしてくれたら、とか、iPhoneにディザリング機能をつけてくれれば(料金体制も含めての話ですが)とかは、ホント切に思います。

 

いずれにせよコンピュータによる情報化社会の成熟により、時代の流れが年々速くなっています。気を抜くとあっという間に置いてかれそうで怖くなることがありますね。

今年も1年がんばっていきたいと思います。







2012年11月22日

銃・病原菌・鉄

51HrBdJzcOL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

大変面白かったです。

知的興奮を味わえました。

 

日本にいると人種差別を意識する機会が少ないですが、映画や小説などで民族優位論を感じることがあります。

白人が圧倒的な力を握る現在の世界情勢は何によるものなのか。

「何故、あなたたちは多くのモノを持っていて、私たちは持っていないのか?」ニューギニヤ現地人が著者のアメリカ人に発した質問から人類史を科学考察する大冒険が始まります。そこには「ある民族」が「優れていたために」もたらされた結果はありません。その環境にいたために起こった数々の結果と理由があるだけです。

コロンブスがアメリカ大陸を発見し、上陸した少数のスペイン軍が、遥かに数の多いアメリカ先住民国家を壊滅状態に追い込みました。

人類史における劇的なこの事件が起こった理由。それはスペイン軍が鉄の武器と銃を持っていたことで軍事力で圧倒したからであり、アメリカ先住民が免疫力を持たない病原菌を新大陸に持ち込んだからです。

銃と病原菌と鉄。では何故、スペイン軍はこの優位を持つことができたのでしょう?

素晴しい知的冒険の書。

とてもお勧めです。



2012年9月10日

すごく久しぶりの更新になってしまいました・・・

随分長いこと更新を怠ってしまいました。

言い訳・・・最近face bookをしていてちょっとした事はそちらに書いて満足してしまう傾向があるようです。

 

さて、色々な面白い本に出会ったり、現場であれこれありましたが、まずはこの時期は阿波踊りが終わってホッとしておりますので、毎年のことですが、そちらの総括をサラリ。

 

実は昨年から連内で少し役職が上がってしまい、やることが増えて大変なんですね。

出演やら練習、研修の度にやらなければならないことが細々とたくさんあります。

組織的にも結構変わったので、人と人の関係も再構築中で気遣うことも多々。

5月から本格的に始まった練習、7月末の神楽坂を皮切りに成増、東林間、両国、佐野、徳島と続き、最後に高円寺。最終日は徳島から来ていただいている師匠連の方から「オオサワくん、疲れ過ぎで死相が出てるで!」と笑われてしまいました。

まあ、当然楽しいことの方が多いんですが、それでも疲れたなー。

来年、少しは慣れるんだろうか・・・心配。

__.JPG

本ですが・・・何を読んだかハッキリと覚えていませんが、印象に残っているのをザッと書きますと

のぼうの城(◎)、火天の城(◎)、傍聞き(○)、さらば雑司が谷(?)、9月が永遠に続けば(△)、綾かしの華(△)、ジェノサイド(◎)、グレイブディッガー(◎)、TENGU(◎)、13階段(○)、少女(○)、ファントムピークス(◎)、殺人鬼フジコの衝動(◎)、長い腕(△)、外事警察(△)、ダウンバイロー(△)、容疑者Xの献身(○)ってとこですかね。

今「のぼうの城」の舞台・行田市に現場があるんですよ。物語の中心である忍城跡に行こう行こうと思っているんですが、行けないものですね。終わってしまいますよ現場。

 

さて、最後に仕事のこと(最後でイイのか?)。

正直言いますと311の影響で昨年度はかなり大変でした。復興需要ということをよく耳にしますが、我々のようなアトリエ系には縁のない話です。

ただ今年に入って、世間が動き出した感はあります。話が出始めると割りと重なるものでして、それなりにお話を聞かせていただきました。

すでに着工したもの、これからのものなどありますが、今後写真をたくさんUPしていきますので、是非ごらんになってください。

ただ、変更した現在のHP、見難いって結構評判悪いんですよね・・・落ち着いたらそっちも手をつけなくては、と思っています。



2012年6月 8日

OPEN HOUSEのお知らせ

IMG 002.jpg

GarageRowHouse
敷地は昔ながらの工房と住宅が立ち並ぶ地域にある21坪の狭小地。
車好きオーナーによる自宅併用収益物件で、
プライバシー保護を重視した縦割3層のガレージ付長屋です。
道路側を全面開口とするため門型フレームを採用しています。
長屋(2住戸)
木造 在来軸組工法 一部門型フレーム 地上3階建
敷地面積   69.09
建築面積     40.99
法床面積     96.81
Open House6.9 Sat. 13:00 - 16:30
東京都江戸川区船堀5-13-10

注:ご来場いただけるお時間を下記まで電話またはメールをお願いします。
担当 大塚(mobile 090.9158.8446)

2012年3月 2日

特別講習会

また阿波話です。
先日知り合いからマルスプランニングが阿波踊り関連ブログとして紹介されていることを聞き笑いました。

さて、私が所属する飛鳥連は昨年から鳴物から踊りにいたる連全体の融和を目標にしています。色々な試みをしていますが、本格的なシーズンを前にして師匠連の娯茶平からお囃子・女踊り・男踊りの名人を招いて特別練習会を開催することにしました。

このブログでも何度か紹介しましたが、娯茶平は徳島でも老舗中の老舗で、人気・実力共に最高峰の連です。最近流行のビートの効いた阿波踊りと一線を画し、スローなテンポにのせる情感豊かな音と踊りは常に飛鳥連の目標です。今回も多くのことを学ばせていただきました。目標・お手本の存在というのは本当にありがたいものですが、この最高の環境を享受する度に、娯茶平はもちろんのこと飛鳥連の諸先輩方に深く感謝します。

 IMG_1654.jpg

昨年から個人的にも色々と相談させてもらっているのですが、繰り返し繰り返し「技術面より、人の和を大切にせい」と言われます。音も踊りも作るのは人なのですから当然なのですが、徳島最高の技術を持つ方々に言われると意味深です。

いつも関心するのですが娯茶平は300人の大所帯を保ちながら常に質が落ちない。もうじき創立70周年を迎えられますが、とりあえず私が見届けた20年をみても圧巻です。人の入れ替わりはあるんです。毎年お付き合いしているのでそれほど頻繁とは感じませんが5年サイクルくらいで見ると顔ぶれは結構違う。でも本質のようなものは確実に受け継がれている。必然かつ自然な新陳代謝は本場の層の厚さという理由では片付けられない気がします。「組織は生き物」という言葉をたまに耳にしますが娯茶平を見ると納得です。明確なルール付けはないのに何故このように的確な継承がされるのかとても興味がありますが、江戸時代260年間廃らずに継承され続けた「江戸しぐさ」や「講」も口伝のみだったことを思い出します。

 IMG_1669.jpg

常に尊敬・感謝の念はもちろん持っていますが、せっかく来ていただくのですから時間の許す限りキッチリ働き・・・いやいやご指導願いました。朝一番の飛行機で羽田到着後に即刻拉致。AM10時から夕方までミッチリ指導していただきました。

当日は飛鳥連の総会・新年会もありましたので、そのまま参加していただき3次会までお付き合いしていただきました。っていうか私の方が先にダウンしてしまいましたが・・・申し訳ないです。

翌日は連長と一緒に都内めぐりをしました。私たち西東京の人間はあまり馴染みのない東方面。ウチの連長何故か詳しいんですよね。特に浅草は娯茶平の方々も着物用品などが揃うので、東京に来るとよく来るようで喜んでいました。

 IMG_1688.jpg

東といえばスカイツリーっすよね。足元まで行ったんですがアングルに納まりきらないんでこういう撮影風景になっています。横になってるの連長です。

最近のコメント

アイテム

  • スクリーンショット 2016-11-18 12.39.30.png
  • 7946.jpg
  • IMG_1335.JPG
  • _MG_6706-L.jpg
  • 2014072012320000.jpg
  • 2014072012320000.jpg
  • IMG_4241.JPG
  • IMG_3402.JPG
  • IMG_3395.JPG
  • IMG_3335.JPG