2006年7月アーカイブ

2006年7月26日

「つくば市S邸」の竣工写真をUPしました

Worksのページに「つくば市S邸」の竣工写真をUPしました

最近のお気に入り

DVC00019.JPG
DVC00202.JPG

2006年7月25日

ヒヤリとしました・・・ゴミはキチンと捨てましょう。

雨が続いて嫌ですね。
移動手段に95%バイクを使用する大澤にとっては死活問題でもあります。長い時は1週間近く乗れず、フロントディスクに小さな錆が・・・年間1万5000キロライダーの私には考えられないことです。

さて先日、雨の合間の曇り空「今がチャンス!」とバイクに跨り現場へ。歩行者のいな明治通りの交差点、少し濡れた路面にコンビニのビニール袋がへばりついていました。前輪が乗り上げた瞬間に40~50cm横滑り。ヒヤリとしました。踏ん張った左足より振りあがった右足の股間接を傷めてしまいました。向かいのレーンにいたスクーターのお兄ちゃんもビックリです。
オートバイにとっては雨の日のマンホールは地雷のようなものですが、これからはビニールにも気をつけることにします。
皆さんゴミはキチンと捨てましょう。特に路面にビニールはやめてくださいね。

2006年7月24日

憧れのボニータ

姉妹?散歩で時々会うボニータちゃんは飼い主が勘違いするほどラッコと似ています。
ただ、体つきが微妙に違うんですね。ラッコ20kgに対してボニータちゃんは24kg。少し細面のラッコですが、ボニータちゃんはすごくバランスの良い顔の形をしています。コレって理想、と秘かに憧れているのです。
まあ、それはさておき2匹が一緒にいると注目度は二乗倍するのです。
DVC00155.JPG
左がラッコ、右がボニータちゃん(だよね?)

2006年7月16日

バイオレンス電車TX

つくばエクスプレス=TXに乗られたことはありますか?
最新技術の粋であるこの電車は「早く」て「静か」、ほとんど揺れを感じませんので車内でスケッチが書けます。その上スピードは凄まじく、守谷駅手前で常磐自動車道と並走するところがあるのですが、とにかく早い!私のバイクは1100ccの大型でかなり早いのですが、なめてかかると抜かれます、本当に。そのくせフェイスは「普通」なのですから、中々の食わせ物です。
2006 7 8 1238.jpg
ところで、今までTXといえば秋葉原-つくばを往復してばかりだったのですが、つい先日、研究学園と言う駅からのる機会がありホームでぼんやり電車をまっておりました。「快速電車の通過です」と言うアナウンスのあと、来ましたTX。スピードは一切落としません。あの「普通」の顔で凄まじいスピードを保ったまま、ホームに突入!怖かったです、ハッキリ言って。柵があるからって言っても、かなり車両に接近してますのでね・・・。その存在はほとんど暴力的と感じました。と、言う訳で、TXのことは以後バイオレンス電車と呼ぶことにしました。

2006年7月12日

つくば市S家の不思議な犬歴

つくば市S家の犬たちは、すご-く変わった経緯でここに居ます。
写真に写っている2匹は"白"と"リリー"、つい最近までは"ユウ"が居ました。いずれもセッターで、おじいちゃんが猟をするときに活躍する本物の猟犬です。

2006 627 1812(1).jpg

元々S家にはユウ1匹だったそうですが、ある時このユウが行方不明になったそうです。そんな時近くで彷徨っていた白をご近所の方が発見「ああ、これはS家のユウだ」と言うことで連れてきたそうです。結果は違っていたのですが白はそのままS家に住み着いてしまったのです。さらにしばらくしたら、ユウ本人が戻ってきてしまい「まあ、いいか」と言うことで2匹になったようです。うーんセッターなんて犬がウロウロしている自体すごく珍しいことだと思うのですが・・・。
さて、つい最近ユウは病気のため亡くなりましてしばらく白1匹だったのですが、白が突然家出(?)をしてしまいました。困ったおじいちゃんは翌日にリリーを買ってきたそうです。ご家族はもう少し哀愁とかあってもいいのではないか?みたいなオーラをだしていましたが、おじいちゃんはバリバリのハンターですから犬が居なくてはならないのです。が、白は結局プチ家出だったようで3日くらいで帰宅、結局セッター2匹の状態が今も続いているのです。

書いていて自分でもこんがらがってしまいましたが、こんな変わった犬歴もあるのだなぁと関心してしまいました。

2006年7月 5日

鹿沼2(ケヤキ材)

更新が遅くなりました。

さて、ケヤキの写真です。お客様からデータを分けていただきました。ありがとうございます。
IMGP2569.JPG

IMGP2570.JPG
美しいですね。転がっている時から知っているだけに、成長した姿を見るのはなんとも言えない気分でした。
今さらですが、ケヤキって美しい木ですね。
DSCF1311.JPG
ドア厚55、高さ2700です。ただし、使い勝手上空くのは下の2100のみ。別れ目地が目立つのは仕方ないだろうな、と思っていたのですが、職人さんががんばって細くしてくれました。
どうだ!って感じ。素晴らしいです。
2006 610 1636.jpg
良い経験をさせていただきました。S様を初め、関係者の皆様ありがとうございました。

このアーカイブについて

このページには、2006年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年6月です。

次のアーカイブは2006年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。