2007年2月アーカイブ

2007年2月25日

トークフォーラムin新潟

新潟に行ってきました。初めてです。
日頃お世話になっておりますWeekend Homes社企画のトークフォーラムに参加、先日放送された完成ドリームハウスを受けて施主の柴原さんとご一緒させていただきました。

P1000265.JPG

会場は地元TV局内のスタジオでした。地元番組のセットをそのまま利用して行いました。

P1000267.JPG

TVスタジオと言うと以前2回ほど阿波踊りで出演したことを思い出しました。NHKの昼時にっぽん列島というのに出たときは「3人の団扇名人」とか紹介されたのにもかかわらず生放送でしっかり団扇を落とし、フジの深夜番組の時は散々待たされてひどい目にあいました。いずれにしてもあまり良い思いではなかったのですが、今回はWeekend Homes新潟店中越店の皆様にあつく向かいいれていただき、ただただ感謝でした。

P1000268.JPG

なんか、照れます。
ところでトークフォーラムはそれなりにうまく行ったと思います。施主の柴原さんがお話上手ですので、来場の方々も我が身に置き換えよーく理解できたのではなかったでしょうか。

ちなみに先週はほとんど東京にいませんでしたね。来週は日帰りが多いのですがそれでも計3日は出張です。最近は新幹線の中が仕事場と化しています。どうも落ち着きのない生活を送っています。

2007年2月23日

思い出の建物

1年前から手がけている京都のプロジェクトがいよいよ大詰め。今週は検査が続いたのでほとんど京都にいました。そんな中、昨日の午後、検査の合間にポッカリ空き時間、毎週始発で入って終電で帰るというスケジュールだったのでこれはチャンスです。
京都を観光、とも思ったのですが、どうしても行きたい場所がありました。

P1000226.JPG

奈良県天理市、京都から電車で約1時間です。12年前、勤務時代に担当した建物があります。天理教150母屋本理世詰所と言います。

P1000251.JPG

低層部RC造3階、高層部SRC造8階、床面積6000㎡の簡易宿泊施設です。西面に向いた長期滞在者を夕日から守るため建物の軸線に対して構造軸を45度振った複雑な建物でした。

P1000246.JPG

基本設計時から約3年もの間ドップリと係わり、設計手法や現場での実務を含め技術者としての基礎のほとんどをこの建物を通して学びました。

P1000228.JPG

お願いをして中も見せていただきました。懐かしかったです。かなりの部分を決定に至るプロセスを含め憶えていました。場所によっては職人さんとのやり取りでさえも思い出すことができました。

P1000233.JPG

建物は良い感じで年をとっていました。
感慨深い経験をさせていただきました。

2007年2月14日

コレコレ!!

千駄ヶ谷駅前に素敵なものを発見しました。バイク専用のコインパークです!素晴しい~!!!
しかも2時間まで無料とは泣かせます。その後も2時間100円と安い!!

P1000208.JPG

大体、都内の移動に車はナンセンスなんです。これからは全員バイクにしましょう!
車のコインパークはつぶして、東京中に作りましょう、コレ!是非!

P1000211.JPG

2007年2月 6日

ひたち野うしくへ行ってきました

先日仕事で「ひたち野うしく」駅に行ってきました。

P1000191.JPG

とても立派な駅舎と充実した周辺整備に「おおっ」と思わず声が出ました、が、しかし、何か違和感が・・・。冷静になってよく見回すと人がいないのですね。全然。まあ、電車が到着すれば人が、ばーっと増えるんだろうな・・・って、今まさに自分が電車から降りたことに思い至りびっくり。一体どうなってるんだ?しかし、まあ、夕方の通勤ラッシュ時などはきっと大変なんだろうな・・・などと一人合点。さあさあ、まずは仕事、仕事と現場に向かいました。

P1000193.JPG

仕事が終わり、さて帰ろうと駅に向かいながら、いやーしかし立派な施設だね~、などどと再度関心していたのですが、ここでまた冷静になり、回りに人が全然いないことに気がつきました。あれれっ?今何時?えっ6時、だよね?あれ?人は?
駅に入るとさすが電車待ちをしている人はいましたが、余裕で数えられる人数でした。
振り返ると巨大なSEIYU越しに満月が・・・風が冷たく感じてしまいました。

P1000200.JPG

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年1月です。

次のアーカイブは2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。