2007年3月アーカイブ

2007年3月29日

鴨とアヒルとコインロッカー

070328.jpg

ここにも書きましたが、以前私が生意気に原稿チェックさせていただいた平安寿子さん著「くうねるところすむところ」がTVドラマになったようです。4月3日10時から放映だそうで楽しみです。
ちなみに大澤は小説が好きで年間平均40~50冊程度の本を読みます。先日人に進められて伊坂幸太郎さんの「鴨とアヒルのコインロッカー」と言う小説を読みました。面白かった。
小説ならではのトリッキーな手法があるため嫌う方もいるでしょうが、私は大満足。殊能将之さんの「ハサミ男」を思い出しました。ミステリーや推理もので「暴いてやる!」と勝負する人がいますが、私の場合は「どうぞキレイに騙してください」と言う姿勢です。素晴しい感情体験ができれば文句はありません。それに面白い本を構成する要素のうちトリッキーな部分はあくまでスパイスに過ぎませんので、本来大きく着目する点でもないのかも知れません。
しかしまあそれでもこの2冊、いずれも小説であるから可能な「どんでん返し」が核なのに双方映画化されてるんですよね!?「ええ!どうやって映像化するの?」と人事ながら心配にもなり、また怖いもの見たさで見てみようと言う気もします。ただ、原作読んで面白くて映画を見る、と言うパターンであまり良い思い出がないため尻込みしてしまうんですよね・・・。逆に映画化されるような小説はかなりの確立で面白い。新しい作家を見つける時よくこの方法を使います。

2007年3月26日

世界フィギュア(後夜祭)で踊りました

日本中を沸かせた世界フィギュア。日本人メダリストが3人も誕生しました。素晴らしい。エキジビションのあった昨日夜、大会の後夜祭と称してパーティーが催されたのですが、このパーティー最後の演出として高円寺阿波踊りが呼ばれたのです。今回は合同連と言って、高円寺の各連から数人づつ選抜して行きました。下は会場となった赤坂プリンスホテルの夜景。携帯カメラなので、写りが悪いです。

P1000293.JPG

さて、赤プリのセキュリティーレベルが最高位に上がる夕方、高円寺から場にそぐわない連中が続々到着、ホテルマンたちは大変だったと思います。見た目がかなり危ない人たちも多いので「お、お客サマ!ど、どちらへ!」と呼び止められた人間も本当にいたようです。ウッカリ「マオチャンに会いにきたんだけど?」と誤解を招く発言をしなかったのが不幸中の幸いでしたね。

P1000296.JPG

我々はこの手のイベントに呼ばれることも多いので、まあ慣れてはいるのですが、それでも昨日は待たされました。待ちくたびれて控え室では記念撮影会が始まる始末。
本番は演出なしで会場を自由に踊れる構成でしたのでどの踊り手も「いかにしてJPNのテーブルに近づくか?」が重大事。リハーサルでは各国のテーブル配置をチェック済みです。ダラダラモードが続く中、「遅くなってミキティーや真央ちゃんが帰ってしまうのではないか?」と言うのが全員一致の心配事でした。

さて、1時間近く待たされていよいよ出番。「カメラを持ち込んだヤツは許さん!」と連協会から厳しいお達しがあったせいで写真はありませんが、居ました!たくさん知った顔!高橋くんや中野ゆかりちゃん、小田信成くん、それにキム・ヨナまで!!白人の方々は正直名前はわかりませんが、同じ人間とは思えないプロポーションの人を見ると「きっと選手だろう!」とあたりをつけ、目の前で気合を入れて踊りました・・・が、しかし!!肝心の、ミキティー&真央ちゃんが居ないのです?我々は全員血眼になって探したんです。でも、居ませんでした。話によると阿波踊りが始まる寸前に帰ってしまったそうです。正面ゲートから踊りこんだ連中はすれ違い様に見れたそうで、「ええ!見れなかったんだ!残念だねぇ」と非常に腹の立つ発言をしてその他の人間からヒンシュクを買っておりました。

P1000295.JPG

上は即席撮影会で撮った一枚。彼女は昨年林野庁に就職したのですが、今年4月から北海道へ転勤。昨日が最後の出演になりました。実は私とは阿波踊り同期生。今年で15年目、長いお付き合いです。知り合った時は何と小学5年生。年月を感じました。

2007年3月12日

始まりました、阿波踊り。

始まりました、阿波踊り。
大澤所属の阿波踊り連・高円寺の飛鳥連が10日(土)練習を開始しました。4、5月に大き目の外部出演が予定されている関係で例年より少し早めのスタートです。と、言っても今回のオフシーズンはポチポチ小さな出演が続き、あまり休んでいた印象がないんですが・・・まあ、いいです。
初日ということもあり、指導的立場ということもあり、偉そうに「こうした方が良いよ」とか「ああした方が良いよ」などと極力実質的な練習をしなかったにも関らず筋肉痛です。普段から結構運動している方なのですが、毎年ショックを受けます。阿波踊りってそんなに通常使わない筋肉ばかり使うのでしょうか?

P1000277.JPG

それはさておき今年は、大澤担当の男踊りを強化する予定です。そのために徳島に研修旅行にいくつもりです(楽しみです)。ちなみに盆にも徳島に行きます(当然です)(毎年ですが)。まだ、本格的な活動開始まで少し時間があります。ビジネス関係者にはまだ迷惑はかからないと思います(多分)。本格的な夏が来る前に、仕事のペースを早めなければ・・・冬籠りならぬ、夏籠りですね。毎年のことで申し訳ありませんが、ご理解ご協力よろしくお願いいたします。

2007年3月 6日

インフルエンザ

先週土曜日の夕方、何か体調がおかしいなぁと思っていたら日曜日は朝から熱が出てしまい1日寝込んでおりました。一時は39度まで熱が上がりましたが、下熱剤のおかげで月曜の朝には一旦熱も下がり「平気、平気」と仕事をしていたのですが、夕方にまた寒気が・・・。医者に行きましたら「インフルエンザです」そうですか。どうりで熱が下がらない訳だ。

P1000273.JPG

私、あまりTVを見ないものですからよく知らないのですが、このタミフルって薬色々騒がれているみたいですね。見てもらったお医者さんは「騒がれている症状の原因は併用する下熱剤の方に原因があるようです」とのこと。近所で評判のお医者さんですので、すんなり信用いたしました。
ともあれ、おかげで回復しました。よかったです。
39度の高熱は6~7年ぶりでした。つまりアルコールを抜いたのもそれくらいぶり、ということになります。体調を崩すと健康のありがたさを痛感します。今晩は2日ぶりにお酒が飲めます。ありがたいことです。

2007年3月 2日

新潟追記

先週行った新潟の追記です。
初新潟だったのですが、中々忙しくて見たいもの行きたいところに行けませんでした。と言うと、何かとてもハードに仕事してたみたいに聞こえますが、全然違います。Weekend Homes社の方々から厚いおもてなしを受け、なすがままに身を任せていただけの話で、文句を言う筋合いは少しもありません。しかも、見たい、といっても現地について「そう言えばトキメッセあるじゃん」とか本当に思いつき程度に考えただけのことで全く未練はないのですが何となく未練がましい写真が数枚あるので載せることにしました。
到着日は旧市街でおいしいお魚、お酒をいただきました。ご馳走様です。食べている途中に、そうだ写真!と思い撮ったのですが、酔いが醒めた今、この食べ残しの写真はとても人様にお見せするようなものではないと考え公開はしません。
さて話にでましたトキメッセ。槇文彦先生の仕事です。槇事務所に珍しくマイナス面での色々な話題がありました。ヒヤカシと言うつもりではなく、どのように後対処されているのか見てみたいと思い行こう、と思いました。思っただけです。結局行きませんでした。下は駅前通りの隙間から見たトキメッセ。言うことなし、って感じです。

P1000264.JPG

さて、お酒の席で地元の方にお話を聞いて信濃川をまたぐ旧市街地への連絡口となる万代橋という石の橋を「見たい」とこれも発作的に思い、朝起きて見に行くことにしました。が、思っていたよりも遠いんですね、橋。道のりの半分程度行ったところに旧万代橋の欄干が一部飾ってありました。「これでいいや」。妥協です。・・・そういえば昔シティーボーイズのライブで妥協ブラザーズって言うのがありました。知ってる方いらっしゃいますかね?

P1000263.JPG

下は妥協したわけではなくお昼をご馳走になった帰り道にあったお菓子屋さん。一緒にいた柴原さん「おいしいのかね?」現地スタッフ「おいしいですよ」。買いです。「たまには本人も写らなきゃ」と言うことで撮影は柴原氏。

P1000269.JPG

で、肝心の味ですが、美味しかったです!! ベリーグッドでした。新潟って何でも美味しいのですかね?

P1000271.JPG

このアーカイブについて

このページには、2007年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。