2007年9月アーカイブ

2007年9月18日

めでたし

P1000557.JPG

先日、昼食後バイクに跨りメーターを見ると、8のゾロ目。とてもめでたい気分になりました。で、めでたいなぁと思って走っていると、さらにめでたい軍団に遭遇。ハーレーが先導するウェディングカーの一行です。BMW派としてはハーレーにそれほど興味がないのですが、そこはまあバイク好き同士、写メを撮り、手を振りました。ただ、信号のせいでよく止まるのです。先頭で「フォー!!」とかレーザーラモンHGバリに声を掛けていた外人も、じきにトーンダウン。お二人も少し気まずそうでした。でも、やはり仲間がこうして祝ってくれるというのは素敵なことです。すれ違いさまに、おめでとうと言っておきました。

P1000562.JPG

2007年9月10日

台風被害

先週の台風、何か被害はありましたか?
私は寝ている間に過ぎてしまったのでほとんどなかった・・・はずだったのですが!
金曜午後、台風一過の青い空の下、バイクで小滝橋通りを走っていると突然車体がフラフラしだしました。んっ?何だ何だ?降りてみると後輪に傘の骨がブスリ。タイヤはペシャンコです。普段からゴミが多いのですがあの日は特別でした。確かに折れた傘がそこらじゅうにありましたものね。

ショックを受けながらもとりあえずレッカーを呼び車体を運んでもらいました。元々新宿に用事があったのでそれを済ませてバイク屋へ。修理済んでいますかぁ?私の楽観的な問い掛けに答えず、店員さんが沈鬱な表情で近づいてきます。嫌な予感が・・・。
・・・大変申し訳ないのですが、刺さっていたのこれですよね。手に忌まわしい傘の骨を持っています・・・そ、そうですよ。それが何か?・・・太いですよね、コレ・・・そ、そうかな?そんなでもないんじゃないの・・・イヤイヤ、、、手は尽くしたんですけど・・・なっ何です?手を尽くしたって?や、やめてくださいよ冗談は・・・うちにある一番太いキッドでも、ダメでした・・・ダメ!?なに、ま、まさか交換!?・・・エエ、ソウナリマス・・・ちょっ、ちょっと待ってくださいよ。先週換えたばかりなんですよ、このタイヤ!!だ、だ、だってアナタ、確かアナタ担当だったよね?・・・エエ、ソウデス。ショックのあまり視界が揺らぎました。以後、店員さんはロボのように固まった表情でこちらを見つめるばかりです。こっちが事態を飲み込む以外ないのでしょうが・・・3日経ちましたが、まだ立ち直っていません。

2007年9月 6日

田町

仕事で田町駅に行きました。ものすごく久しぶりです。
芝浦口。駅前に母校があります。東京工業大学工学部付属工業高等学校。日本で2番目に長い名前の学校です。一時廃校の噂も流れましたが、まだ残っておりました。と言っても校庭の横を新幹線が通る特異な敷地環境から、出張の度に存在していることは確認できるのですが。ちなみに私サッカー部だったのですが、ボールを新幹線に跳ねられたことがあります。
それはそうと、随分変わりました。高校時代など結構最近のことと思っていたのですが、よく考えるともう20年以上前なのですから当然ですね。当時は芝浦口といえば、少し歩けばすぐ水路、小さな船がたくさん浮かび、いるのはフナ虫とクラゲくらいなものでした。卒業してすぐ「GOLD」や「インクスティック」なんてものができて話題になりましたが、あれだって「あんなところに作ったんだ」的な意外性をプロジュース側も目論んでいたはずです。ベイエリアなどと呼ばれたのはそのすぐ後ですが、私達にとっては全く実感のない呼び名でした。

P1000556.JPG

しかし今や違いますね。インテリジェンスビルやタワーマンションが立ち並び、町の存在そのものが違います。大型車が多い関係で元々道は広かったのですが、一本入れば「裏」の匂いがしていたのに、今はありません。どこも人が多く、高校生が隠れてタバコを吸うような場所はないのです。
大体この写真に写っている近代的なビルの場所も元は敷地でした。ボロボロの校舎が建っていたはずです。何か土地を切り売りしているようですね。体育館も見当たらないのですけれどどこへ行ったんだろう。もう知っている先生もいないでしょうから、寄ることもなく帰ってきてしまいました。

2007年9月 5日

すごい偶然

先週末に阿波踊りで福島県郡山市に行ってきました。昨年はシティーホテル宿泊の上、ホテル宴会場で歓迎パーティーが行われるなど高円寺阿波踊り史上最も良い待遇ではないか、と思われるイベントだったのですが、今年は他と変わらぬ取り扱いになりました。特に宿泊先は市外でかなりの山奥とのこと。付き添いの方が「とにかく田舎」「すごくヒナビタ」「古い」「何もない」「人より動物の密度が濃い」としきりに脅し、多少のことは慣れている我々も胸に不安を抱えてバスに揺られておりました。まあ、心配といっても2次会以降のアルコールとツマミのことなのですが。

P1000547.JPG

到着するとなるほど田舎です。というか何も見えません。遠くに明かりがついていますが、どうやらあれが宿泊先のようです。近づいていくと確かに古そう。うーむ。でも、玄関ホールに着くと、以外としっかりした造りなのです。木を中心にした造作。壁にフランク・ロイド・ライトのエスキースがかかっています。ホールを見直すとなるほどライト風です。ふーん、とその時は軽く受け止めておりました。
さて、宴会が始まりあちらの関係者が次々と紹介されていく中、旅館のご主人が最後に紹介されました。実行委員の一人だそうですが、「この方実は一級建築士でもあるんですよ」ヘーと思いながら、どこかで見たことあるなぁという気が・・・。少し時間が経ち宴もたけなわとなったところで偶然旅館のご主人が近くにいました。実は私も同業でして・・・はぁ、あっ名刺、名刺は今持ってないんで、すいません、いただきます・・・あれっ?この名刺見たことあるな、しかも最近・・・どちらかでお会いしましたっけ?
あちらは気づいていたようです。この方、佐藤さんとおっしゃって、つい2ヶ月前にコンペで戦った相手だったのです。いやぁこんな偶然あるんですね。びっくりしました。普段は三鷹にいるそうで、事務所もそちら。そう言えば対戦相手を調べるため先方のHPなど見るのですが、その際確かライト風の作風だな、と思っていたのです。

P1000551.JPG

で、こちらは偶然ではなく当然マルスプランニングのH君もいましたので紹介。さらに一緒に行っていた江戸っ子連にも一級建築士がいますのでこちらも紹介。宴会が盛り上がり、いつものごとく色々な人たちが色々な形態で踊らされる中、「イ~ッキュウ!イ~ッキュウ!」と声が上がり4人で踊りました。終わりを知らない御バカな人たちに囲まれ佐藤さん困惑気味でした。宴会は結局2時まで続き、その後も部屋で2次会が行われる始末。旅館すべてが我々で貸しきられているとはいえ、大変迷惑だったと思います。すいませんでした。ただ、みんなはとても満足だったようで、来年もここで良いそうです。よろしいでしょうか?

P1000550.JPG

2007年9月 3日

建築家と考える別荘展

富士T庵が「建築家と考える別荘展」に出展されています。

top_021.jpg

8/29~10/8まで開催予定です。
お時間がありましたら是非。
詳細は下記でお願いします。

http://www.weekend-homes.com/gallery/06/index.html

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。