2008年4月アーカイブ

2008年4月28日

水明亭

知る人ぞ知る名店(?)「水明亭」に初めて行きました。事務所から歩いていけるのですが、実は最近まで営業している事自体知りませんでした。神宮外苑内という特異な立地条件もさることながら、ランチ営業のみという点からも人の気配自体感じなかったのです。
少し前にTVで紹介されていて、さらに何冊かの雑誌でも取り上げられているのを見て以降、気にはなっていたのです。外苑の公共駐車場内に建っている古い建物で「ちゃんぽん」が有名、だそうです。そうなんです!そのことを忘れていました私。注文時なんとなく「メンチ定食」と言ってから席に着くまで全てのテーブルに「ちゃんぽん」か「皿うどん」が乗っていることに気づき、しまった、と思ったのですが後の祭り。以後も来る客、来る客「ちゃんぽん」「皿うどん」の繰り返し。メンチ定職自体は別に悪くなかったのですが、敗北感に打ちのめされながらの昼食となりました。まあ、いいです。次回は「ちゃんぽん」行きます。

P1000725.JPG

それにしても、変わった立地条件です。神宮外苑内にはこの他にいくつか飲食店などがありますが、こういう場所の権利関係ってどうなっているのでしょう?どこかの資本がいかにも付狙いそうです。事実、銀杏並木のキハチチャイニーズやその先にできたオープンカフェなんかそうですね。ところがこの水明亭は完全に昭和から時が止まっています。パイプ椅子にパイプテーブル、着席前の食券制といい、なんとも懐かしい気分にさせられました。それでいてお客さんは結構入っているんですね。駅から少し離れているので誰が来るのかな?と思ったのですが、駐車場内にあることから車を運転する方や職人さん、それに慶応病院の裏側へ伸びる首都高歩行橋のたもとにあるせいで、どうも病院関係者や医療セールスっぽい方々も多くいらっしゃいました。
値段も安いのです。看板の「ちゃんぽん」「皿うどん」は870円ですが(だから他に目が行ったと思うのです)、メンチ定食といくつかが720円で他は皆700円。しかも「物価高騰につき700円になりました。4月1日店主」の張り紙。いったい今までいくらだったのでしょう?定食は味噌汁・小鉢・お新香つき。ご飯・キャベツの量が多く「男飯」って感じでした。付け合せのお新香は着色料を豊富につかった真っ黄色なヤツ。これも久しぶりに見ましたね

2008年4月24日

銀杏並木の新緑

P1000711.JPG

神宮外苑の銀杏並木が他の樹木から一足遅れて新緑を身につけ始めました。
既に他の木々は夏に向けて鮮やかな緑から濃い色へ変化し密度を増してきていますので、結構目に新鮮ですね。

2008年4月11日

大将本店

高円寺にはオープンエアーな店がたくさんあります。ただし、青山や再開発施設にあるようなお洒落なものとはもちろん違い、店に入りきらないお客を車通りの少ない道路面へ勝手にテーブルを出して座らせているだけのお店です。私は友人とこの形式のことを単に「エアー」と呼んでいます。
さて、数ある高円寺エアーの中でも草分け的な存在のやきとり屋「大将本店」が壊され、その跡地のビル建設が始まりました。大将本店は駅前ロータリーに面した好立地からいつも満席の繁盛店。ワハハ本舗の柴田さんが愛用していたと聞きますが、実際に見たことはありません。いずれにせよ残念に思っている人はたくさんいると思います。ただ、少し安心もしております。というのは、旧大将本店は古い木造2階建ての建物で2階も目いっぱい客席に利用していたのですが、1階にほとんど耐力壁がなく設計屋の目から見てかなり危険な状態でした。何度か2階に上がったことがありますが、結構揺れるんですね。ドキドキした思い出があります。まあ、高円寺には他に2店舗ありますのでそちらで我慢して欲しいものです。

P1000709.JPG

ところが安心したのもつかの間です。これは現在の状況ですが、なんてキュウキュウの現場でしょう!大体この敷地でアースドリルを選定した理由を聞かせて欲しいですね。スラッシュタンクの2段積みは、まあたまに見ますが、これ絶対途中で移動しなければならないのではないでしょうか??見ているだけで体が縮こまる重いです。
ところで、これ何階建ての建物を作る気なんだろう。見てくればよかったなぁ、お知らせ看板。あの敷地に避難階段つけたらテナント面積ほとんど残らないのではないかな?ELV設置は無理だろうから階段だけで上がるとすると4階が限界か?ならば鉄骨で作れば本当に杭が必要だったのかな?と色々と疑問がわいてきます。まあ、大きなお世話でしょうがね。

2008年4月 7日

春です

昨日、逗子に行きました。目的地が周辺だったので電車を予定していたのですが、天気があまりに良かったのでバイクに変更。春先の良い季節なので渋滞を心配しましたが全くなく、とても快適に走ることができました。第三京浜―横浜新道―横横道路と継いで約50分。結局電車より早かったと思います。
この季節の日本の景色は個人的に一番好きです。桜はもちろんのこと、芽吹く緑が生命感にあふれていて何かこちらも浮き足立つような思いがします。スケジュールが詰まっていたので、目的が済んだらすぐ東京へ戻らなくてはならなかったのですが、逗子インターに入る手前で一枚。斜面に咲く様々な色が素敵です。

P1000705.JPG

今年のお花見は昨年引き渡しをした桜のある住宅に招かれて室内からゆっくりと眺めるという贅沢なお花見がありましたが、正式にはそれ1回だけでした。最近は住宅の仕事が多いので土日はほとんど打ち合わせなのです。また、高円寺を離れて大分経ちますので馴染の飲み屋さんから花見の声をかけられることも少なくなり淋しい限りです。
ここ数年、この季節の楽しみは神宮外苑です。ソメイヨシノの数はそれほど多くありませんが枝垂れ桜やケヤキ、もみじといった素晴らしい混栽の景色を楽しめます。

P1000701.JPG

P1000707.JPG

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。