« 長い4日間・・・後半2日 | ホーム | 6th&碧くん »

2008年8月25日

終了です。

高円寺阿波踊りが終了しました。関係者の皆様、お疲れ様でした。
今年はなんと言っても雨ですねぇ。2日とも雨に祟られました。今年行った外部出演でも雨が降りそうなものはいくつもあったのですが、何故か踊る時だけ晴れている、という幸運に恵まれていただけに、肝心の高円寺が雨だったのは残念でした。でも、まあやったんですがね。1日目は時間中ズーッと霧雨で、ドヨヨンとした疲労が残りました。私たちも疲れましたが、徳島からお呼びした師匠連の娯茶平の方々はもっと疲れたと思います。なんてったって朝一番の飛行機で羽田に着いた瞬間に「お出迎え」と称して拉致。高円寺に着くと休息もないまま阿波踊り教室をお願いいたしました。昼食後に「ゆっくりお休みください」と言う舌の根が乾かないうちに「やっぱり、昼踊りの際、唄っていただけませんか?」。連長の発作的な思いつきのため娯茶平の方にも迷惑を掛け、他連の順番をグチャグチャにしながらも、それでも強引にやりました。さすが飛鳥連。

P1000844.JPG

2日目。これは毎年のことですがセシオン杉並(区立の公会堂)の「踊れセシオン」がある日は早朝からリハーサルが入っていて大変なのです。この日も8:45にセシオン集合。起きたのは7:50。あれれ?しかも浴衣の洗濯をしていないぞ。支度もソコソコに猛ダッシュでコインランドリーへ。そのままバックにつめて電車に飛び乗りました。9:05から始まる最終リハーサルに演出の私がいない訳には行きません。東高円寺から走りに走って9:04には何とか会場に飛び込みギリギリセーフ。今年はこればっかり。ここから場当りしていよいよ本番です。
1本目。ミスなく済みました。会場からの拍手もありました。評判を色々な人に尋ねたところ、良かったようです。2本目、こちらはさらにうまく行ったと思います。が、まあ、自分たちのことなのでね、自分たちではもう一つわからないのですが、評判はかなり良さそうな感じです。さすが飛鳥連、なんて声が会場であったとか。まあ、良かった、良かった。さすが飛鳥連。
で、本番。雨がどんどん強くなりました。本当に中止ギリギリの雨でしたね。だけど、高円寺は貧乏祭りですから順延などと言う贅沢は許されません。運営の中枢を担っているウチの連長に「延期はないんですか?」と聞くと氷のような表情で「ありません」。さらに強くなっても?「ありません」。台風とかがくればさすがに・・・「ありません」。どうやら雨天順延というのは社交辞令のようです。さすが飛鳥連、っていうか高円寺。

P1000845.JPG

雨の中で行った本大会でしたが、今年は感動したことが2つ。
一つはNPO法人となった高円寺阿波踊りを支えてくれているボランティアの方々の働きに少し触れる機会がありその大変さを垣間見ました。高円寺の阿波踊りって手作り感がとてもあってこれが人気に一役買っていると思うのです。特にお客さんの目を引くのが踊り終わりに踊り子自身が会場の掃除をする姿。あれ効くんですね。だから高円寺のお客さんはゴミを自ら持っていく人がとても多い。他のイベントに比べてとてもゴミが少ないと思います。でも、本当に大変なのはその後も働き続けるボランティアの人たちだな、と思いました。僕らは終わればそのまま飲みに行ってしまいますが、彼らはそうはいきません。初日、呑気に飲み会会場に向かう途中、T連のA君に会いました。彼はボランティア活動から阿波踊りに入った口で踊りの前にボランティアが立つのです。A君はゴミの収集の手配違いで大声を発しながら走っていました。声を掛けると「明日は踊ります」と元気に答え、また走り去っていきます。大変だなぁ。と、しみじみ思いました。
もう一つはお客さん。さすがに少なかったのですが、でも2日ともそれなりにいましたからね。あの雨の中。すごいですよ。少ないけど疎らな感じはまったく無かった。ありがたいなぁ、と思って躍らせていただきました。

コメント(2)

お疲れ様でした。
雨の中、本当に大変でしたね。にもかかわらず安定した踊りで、他の追随を許さないかのような大御所的な雰囲気さえ漂わせる飛鳥連。いつもながらの迫力素晴らしかったです。

という私は、いつもながら「しのぶ連」に黄色い声をあげてましたが?それが?


そうそう、ボランティアさんの活躍。わたし、今回例の2Fからずっと見ていました。というか踊りが終わって、その片付けの様子。目を離すことが出来ませんでしたもん。ほんと素晴らしかった。仕事も丁寧。うちの前にシートをおきっぱなしにしていった、どっかのバカモン。見せたいですよ。
何か賞をあげたい。そんな衝動に駆られた私なのでありました...(そんな力ないけどっ)
高円寺阿波踊りは最高ですね^^

毎年、ありがとうございます。
今年は雨でびしょ濡れだったので、お邪魔せずに帰りました。
ゴミの問題は大変ですが、それでも高円寺阿波踊りは本当に他のお祭りに比べゴミの発生量が少ないと思います。まあ、しょうがない人は必ずいますがね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、mars-ohsawaが2008年8月25日 14:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長い4日間・・・後半2日」です。

次のブログ記事は「6th&碧くん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。