2008年10月アーカイブ

2008年10月31日

ちとしゃん亭

落語家柳家紫文さんがやっている「ちんとんしゃん」という飲み屋が高円寺にあります。主がセンターに陣取るようカウンターの中が畳になっている変わった店で、紫文さんが三味線片手に噺や都々逸で相手をしてくれます。が、最近は本芸が売れてきてお店にはほとんどいません。
さて「ちとしゃん亭」はこちらで月一度行われる落語会のことで、このタタミ部分が高座になります。店自体大きな店ではありませんから20人も入ればいっぱいですが、この狭さが縁者との距離を縮めてとてもグッドなのです。
昨日は206回目でメインに柳家扇辰師匠。出とトリで2席聞かせていただきましたが、とても良かった。最後の何とか豆腐(題名忘れました。珍しい演目だそうです。両隣のツウっぽい方も知らないと言っていましたのでね。ただ、私は何故か2回目。)は少し泣いてしまいました。
ところで、私が昨日こちらに伺った本当の理由は落語が聞きたかったからではないのです。実は中入り前につなぎで入った柳家小寿々さんが目当て。こちらは紫文さんのお弟子さんグループ東京ガールズの一人で、演目は落語ではなく唄です。以前にも書きましたが、今年の阿波踊りで舞台演出を担当させてもらったのですが、その際阿波民謡ではなく江戸の唄を使うことにしたのです。どの曲を使おうか色々なものを聞いている内に嵌ってしまいました。舞台に使ったのは江戸端唄の「梅は咲いたか」でしたが、他にも良いものたくさんあるんですね。いつも耳にする内「これは酒を飲みながら聞くと最高だろう・・・」という欲望が出てきました。そんなことを東京ガールズのリーダー藍ちゃんに相談して今回の運びになったのです。
話が逸れますが、ちんとんしゃんの若旦那もとい柳家紫文一門とのお付き合いは阿波踊りを通じてのこと。紫文さんは落語家であると同時に三味線の師匠でもあるのですが、そのお弟子さん達が高円寺の本祭で我々飛鳥連のお囃子に参加してくれるのです。私たちは「ちんとん外人部隊」と呼んでおりますが、おかげで私たち飛鳥連は高円寺の他連の追随を全く許さない三味線大部隊を擁しているのです。
さてそれで、結局私の野望が達成されたかと言うと結果的には半分でした。「ちとしゃん亭」は芸を見る会なので「飲みながら」と言うのはNGなのですね。お金があれば神楽坂の茶屋に行って芸者を呼べば良いのでしょうが、もちろんそのような余裕はありません。「ちとしゃん亭」が跳ねてそのまま打ち上げとなったお店で話していたらこの他に「さのさナイト」というのがあるのだとか。それはもっと砕けた感じなので、私のリクエストにかなり近いようです。と言うことで心待ちにしています「さのさナイト」。

2008年10月27日

富山県

P1000880.JPG

とある建築イベントに参加するため初めて富山県に行ってきました。羽田空港からの出発は昨年以来で、しかもANAの第2ターミナル利用は初めてです。3年前に関西で仕事をしていた時は伊丹を使って毎週日帰りしていたのですが、時間が経って施設が変わり、航空券のシステムなども変わっていたので驚きました。イベントは現地で朝から開催されるため飛行機は始発です。1泊程度なのでバイクで行くことにしたのですが、ここまで早い時間は初めてで、高速道路に乗るまでの信号のつなぎの悪さにかなりイラつきました。家から高速道路の入り口はとても近く、通常ですと絶対3分以内に乗れるのですが、この日は15分近くかかりました。歩いた方が早いですよ。しかも、朝の首都高速なんていくらでも飛ばせますから高速走行はたった10分。朝からなんだか複雑な気分でした。

P1000883.JPG

出だしの奇妙さを引いてかメインのイベントも来客者数がもう一つ。前日の円高・株安に、同施設で行われた民間行事のおかげで駐車場満杯になったことや、昼からの雨など不運が重なったのが原因です。主催者側には残念な結果になりました。
まあそんな中、私にとっては良かったことが一つ。食べ物がビックリするほどおいしかった。到着日の夜に主催者に連れて行っていただいたお店で魚をいただいたのですが、これがすべて絶品。地元の方の解説によると新潟や東北は高速道路が東京に直接つながっている関係で本当に良いネタは全て築地に行ってしまうそうです。その点富山や金沢はない。最近は名古屋方面へ繋がったそうですが、それでも美味しいものの半分は地元消費に回されるそうです。

P1000881.JPG

その言葉とおり、一口めの刺身から始まり、白子酢、のどグロの焼き物・・・この焼き魚は私が生涯食べた中で一番・・・どれも最高でした。そして最後の鯖寿司。これは〆ていない鯖を使用するのですが、素晴しいの一言。日本全国を飛び回るイベント企画者が「日本で一番おいしい鯖寿司ですよ」と太鼓判を押すのも大納得。思わずガッテン、ガッテンとボタンを押したくなりました。

2008年10月22日

管理建築士資格取得講習会

行ってきました。建築士法改正に基づく管理建築士資格取得講習会。今までは一級建築士であれば問題なく誰でも管理建築士(建築士事務所の管理者ですね)になれたのに・・・・。しかも3年に一度。これに加え、一級建築士自体も3年に一度の定期講習を受けなくてはならないとか。ううう、なんてことだ・・・。
大体拘束時間が半端ではありません。休憩挟んで全工程で8時間半ですからね、8時間半!!しかも講習の終わりに「終了考査」とか言って要は試験があるので、講義は聞き漏らすわけにはいきません。終わったあとはグッタリでした。これで考査受かってなかったらまた受けなくてはなりません。ツライ。
私は元々試験という物が大嫌いでして、10数年前一級受かった時は「もう生涯試験は受けないぞぉぉ!!!」と心に誓ったものです。だからその後受けたオートバイの試験でさえ、とても緊張しました。
しかしまあ、姉歯建築士一人が悪いわけではないでしょうが、大変なことになっています。
姉歯建築士に端を発した建築基準法の大改正は間違いなく官制不況の大原因。色々な見方があると思いますが、責任のとれない姉歯建築士個人からマスコミの攻撃先が建設会社、官僚と移り、エリート意識の強い彼らのプライドを傷つけた。結果、「意地悪」としか思えない改正基準法の施行。これって完全に人災です。現在金融機関が行っている不動産業者への貸し渋りは、基準法で弱っていた業者へのトドメ。近々では世界経済不況も絡んでこの先どうなるのかまったく予想がつきません。
ちなみにこれは行き過ぎた見方とは思いますが、過激な友人によると基準法改正は国策だそうです。福田氏が首相になる直前、氏は「200年住宅」プロジェクトを推進していました。過剰といわれる日本の建設業者数とこの政策は絡み合いません。姉歯は体の良い隠れ蓑だ、なんて言ってます。まあ、弱り目の不動産業界を前にして金融貸し渋りなんて最悪の時期の最悪のことをする姿を見ると、確かに一理ある気もします。
だけど、この世界経済不況は想定外だったのではないでしょうかね?だから先日中川さんがTVで経済対策の一つとして建築基準法の容積率緩和を挙げていました。本当ですかね。これ、やるとスゴイですよ。都心部の建て直しが絶対に増える。あと、これ提案ですが建築面積の持ち出し寸法の緩和、マンションバルコニーの健全な屋外生活に合わせた寸法にしませんか?町並みや住環境が全然変わりますよ。中川さん。

2008年10月15日

ラッコ現代建築紀行3 煉瓦館

P1000875.JPG

1995年竣工。設計:清水建設。JR信濃町駅目の前に建つテナントビルです。
たぶん竣工間もないころだったと思うのですが、偶然降りた信濃町駅で、この建物のエントランスの大きな円が目に飛び込みとても印象に残ったことを憶えています。
まさか数年後にここに入るテナントの図面を書くことになったり、さらに数年後近所に事務所ごと引っ越してくることになるとは夢にも思いませんでした。そして今はその大きな円形エントランスの広場がラッコの休憩場所になっているのを見て並々ならぬ縁を感じます。

P1000855.JPG

ところで、最近はラッコにとってこの煉瓦館で問題が発生しています。実はこの写真は少し前のものでして、現在煉瓦館は改修工事のため全面に足場が掛けられ、ラッコお気に入りの前庭が立ち入り禁止になっているのです。本人は何が起きているのか理解不能のようで戸惑いながら通過しているようです。ようです、というのは私が最近散歩に同行していないゆえ。元々毎日の散歩はすべて奥さん任せでして、土日に時間があると同行する程度なのです。毎年阿波踊りのおかげで夏はほとんど難しく、シーズンの終わったこの時期は罪滅ぼし的に率先していくようにしているのです、が、最近は正直ほとんど行けてません。一つは仕事。住宅の仕事がとても多いので、土日はほとんど打合せです。そしてさらにわずかに空いた場所に阿波踊りが入ってきます。まだやってんのか、とあきれられそうですが、今年はすごいんですよね。10月の第1週は川崎で、先週は高円寺の劇団に教えに行ったり、冬の練習があったり、今週の杉並のお祭りは仕事のため行けませんでしたが、今月まだ2つくらいあったんじゃないかな?奥さんの顔を正視できない日々が続きます。

P1000773.JPG

ちなみにたまに登ります。

2008年10月 3日

ちょっとちょっと

アクの・・・いやいやアキの交通安全週間が終わり、世間のライダー、ドライバーの皆さんはホッと胸を撫で下ろしていることでしょう。続いた雨も上がり爽やかな秋空に下、昨日今日ってのは一年で一番交通違反が少ない日だろうな、などと考え顔が自然にほころぶ状態でバイクを走らせていたのですが・・・・。

P1000878.JPG

事件が起きたのは打合せに向かう途中、池袋ビックリガードをくぐって警察署の角を右折しようとした時です。ちなみに言っておきますし、あそこをよく通る方は全員知っていますが、あそこの交差点は100台中99台は右折します。いや1000台中999台と言っても過言でないな。だから、あの交差点に向かうバイクは10000台中10000台が左の路肩をすり抜けて、それでもご丁寧に先頭の車の右折ファザードを確認した上で仲良く一緒に右折するのです!常識です!!・・・が、曲る時ね、チラリと目の端を掠めたんですよ、白と青のツートンが・・・でも、まあ、投げた賽って言うか一度曲がりだしたバイクはね、もう行くしかない訳で・・・案の定、バックミラーの中で赤い光が点滅しだしました。最初サイレン鳴らしていなかったから白を切って進んでしまおうと思ったのですが「黒のバイク!左寄って!」わかった、わかった。大きな声出さないでくださいよ。「自分が何で止められたかわかっていますか」よっぽど「いや全然わかりません」と言おうかと思いましたが、相手の顔が怖かったのでやめました。でも私のすぐ後にも被害者が一台。バイク便でしたね。ほら、プロだってやるんだから!とは言えない。とりあえず二人仲良く縦列切符ですね。
1点+罰金か。あれ、点数まだあったかな?かなり不安。まあ、でもここのところあまり激しいのがないので、きても30日免停でしょう。

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。