2009年10月アーカイブ

2009年10月26日

福島

IMAGE_430.jpg

いつもの建築イベントで福島に行ってきました。
会場、宿泊先とも駅前であったため徒歩5分圏内の小さな範囲から動くことなく丸2日間が過ぎたことになります。この建築イベント、初日終了後主催者による慰労会で地のおいしい物をいただけることが多く、いつも楽しみなのです。知り合いの建築家と「海筋ではないから何だろうね」「でも日本酒は確実に期待できるよね」とか話していたら、横から別の建築家が「いやココはいつもイタリアンだよ」。
エエッ!!ホワイ??
本当にイタリアンでした。まあ、味的には問題ありませんでしたし、2軒目もあったので結果的に皆満足してました。
しかし何か煮え切らないものがあったのでしょうね。東京に帰る時、一緒した先輩建築家が「酒だな」ということになり駅下のスーパーで4号瓶2本と刺身、焼き鳥を買い込んで新幹線に。3人だから十分かな、と思っていたのですが大宮に着くまでにはカラ。社内販売でチューハイ買って、それでも足りずその方が上野で降りる際「もう一軒行くぞ!」ということでガード下へ。近所に住む若い夫婦の建築家も呼び出され、結局11時くらいまで飲んでおりました。強引だなぁ。おかげで本日二日酔い。

2009年10月21日

昼寝

IMAGE_424.jpg

2009年10月15日

秋っぽい高空

IMAGE_417.jpg

青山ツインの中庭。
最近ベンチが多く置かれ一休みついでに寝転んだら結構気持ち良かったです。
「空が高い」という表現がありますが、本当にそう感じる時あります。あれは何故なんですかね。寒い時期は湿度が低いので物理的に透明感が高いのでしょうか。
寝転びながら思い出したのですが、新宿の高層ビルで体験できるジェットコースターウォッチ知ってますか?損保ジャパン(旧安田生命ビル)の足元って少し末広がりになっていますが、あそこの斜面にベタッと体を着けた状態で空を見上げるのです。頂部までなだらかに続く壁面が滑走路のように見えて足元が少しヒヤリします。そうそうジェットコースターと言えば瀬田だ、などとさらに関係ない方に思考が飛んでいきました。瀬田のジェットコースター坂は結構有名ですよね。東名の脇道入っていったところだったと思いますが、忘れたなぁ。一般道なのですがフラットな道から突然急勾配の坂が始まる。直進していると目の前に道がないような錯覚を起こすのですが、下り始めてからがまた長い。初めての人間を連れて行くと大抵叫びますね。

2009年10月 7日

ただ今調査中

ただ今、座間市古民家再生現場で調査の真っ最中。下は小屋裏かつ私のメイン作業場です。長い年月と幾代にもわたって手を加えられてきた建物だけあって、調査は中々一筋縄にはいきません。本格的な作業に入って今日で3日目ですが、この材はいつのものだ?とか、ここに柱がある筈なんだけど、無いね、など推理作業がとても多いです。

IMAGE_405.jpg

また昔は蚕を飼っていた小屋裏は物置となってからの時間も相当なもののようで、懐中電灯片手に歩き回っていると色々なものを発見します。上の方に槍っぽいものとか刀みたいな物が見えるのですが本物なんですかね・・・ご主人は「火縄があるかも知れないよ」なんて言ってました。
積み重ねられた年月が年月だけに通常はない味を醸し出して降りますが、夕方以降になると「良い雰囲気」とか「味のある空間」っていうのが、変な方向に想像を膨らませて結構怖い印象になったりします。130年前、100坪の古民家に一人。かなり久しぶりにこういう怖さを思い出しました。

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。