2009年12月アーカイブ

2009年12月16日

飲んだな・・・

IMAGE_4671.jpg

先日、一つの現場が上棟しまして、施主様の好意で結構な上棟式をしていただきました。式典が11時半開始で12時半から会食。ここで約1時間でしたが、関係者が多いこともあり結構盛り上がりました。事務所に戻って仕事の予定ですが、飲み過ぎでどう考えても仕事モードに切り替わりません。一緒していた構造設計のKさんが「この後、高円寺の現場検査に行きますけど」これは先日書いたウナギの寝床現場ですね。最初私は行く予定ではなかったのですが「じゃあせっかくだし、酔い覚ましも兼ねて」なんて行ったのが間違いでした。現場は3時に終わって「もうこうなったら飲みますか」ってことに。さすがに店が開いてなくて駅前の喫茶トリアノンでビール、4時まで時間を潰して「大将」へ移動。ちなみに先日火事で有名になりましたS亭が高円寺最終のお店なら大将は一番早い店です。好きな人はいるもので店に行くと開店間もないってのに5割方は席が埋まってる。まだ、夕方4時だよ!?ここへ事務所の早川くんも合流して本格的に飲み始め6時過ぎに別の店へ移動。8時くらいにさすがに眠くなり、一時終了となりました・・・が、前日の寝不足もあり私このままだと眠りこけてどこかへ行ってしまいそうでしたので、駅前のマッサージ屋さんに入ったのです。まあ、案の定ぐっすり寝て全く記憶がないのですが、酔いが醒めてしまったのがいけなかった。結局ここからまた別の店に行って12時半まで飲んでおりました。途中休憩を入れながらですが都合12時間飲み続けたことになります。こんなの阿波踊りの本祭中でもここ最近はやっていません。
まだイケるね、なんて思いましたが、でも、さすがに疲れた。

2009年12月 7日

狭いです!

IMAGE_462.jpg

間口5m奥行き30mという典型的な「うなぎの寝床」敷地に6階建てのテントビルを建てております。しかも場所は高円寺パル商店街、アーケードです。
現在は難工事の目玉、鉄骨の組み立て中。計画当初から構造の選定で揉めに揉めましたが、結果的に鉄骨に決定。建て方の技術が業者選定の条件になりました。狭い間口いっぱいに大型クレーンを押し込み、パズルを組み立てるように奥から組んでは手前に逃げる、という作業を繰り返しています。間口狭のためアームが寝ることがほとんどなく、垂直にあがった形でクルクル回っている姿は象の鼻を垂直に上げて縛っているようで、見ていて辛くなります。さらにただでさえ難しい敷地状況だというのに狭い間口を生かすため、手前のラーメン幅が一段と狭くなっており、施工側から「意地悪してんのか?」と文句をつけられてもおかしくない構造計画になっております。申し訳ないです。でも全て意味がありますのでご容赦ください。
ちなみにこの現場は阿波踊り関係者には馴染みの深いお蕎麦屋さん「秀月」の立替工事です。夏から初まった現場ですが、着工してからの反響は知り合いが多いだけに大きく「お前んとこがやんのか」とか「出来んのいつだ?」とか「どうなんの?」などしょっちゅう問い合わせがありました。中でもひどかったのが私の所属する飛鳥連の連中。高円寺の本祭時は日中ここで食事しながらお酒を引っ掛けるというのが通年の決まりごとになっておりまして、申し訳ないので事前に皆に言っておいたのです。が、困った人たちというのはいるもので、人の話を聞いていないのか、はたまた勝手に体が動くのかわかりませんが、しっかりと店の前まで行ってから「あれれ店がない!」と騒ぎ立てたのです。当然看板には私の名前があるわけで思い出したようにクレームの電話がなります。「困るんだけど!」「なぜ本番が終わってから着工にしないんだ!」知らないって。

2009年12月 2日

今年はスゴイよ

IMAGE_461.jpg

神宮の銀杏並木の紅葉、今年はスゴイです。見事に黄色、とてもキレイ。
上は雨が降った一昨日の朝。毎年見ている景色ですが、思わず撮ってしまいました。
ただしこんな景色はほとんど見れません。今年は評判をマスコミなどで言っているからなのか知りませんが人出の方も物凄いのです。例年だと人影がチラチラという平日朝から「人いるなぁ」って感じで、休日ともなると大変です。撮影する人がとても多いので、次に通る行動が読めず、自転車による追突事故が多発。私はしばらく通ることを止めました。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。