2010年1月アーカイブ

2010年1月29日

上がりまーす

以前から紹介しています座間市の古民家再生。
揚屋が始まりました。

IMG_0008.jpg

基礎に設置した土台に柱を載せる現代工法と違い、伝統民家工法はまず柱ありき。基本的に地面に置かれた自然石の上に直接柱が載っております。「載っているだけ」なんですね。初めて知った時は驚きましたが、地面に繋がれていない分、地震が起きた時揺れの影響を直接受けないのです。伝統工法に筋交いなどの構造壁がないのはこれが理由で、地震時に放り出された建物は当然ながら再度地面に着地します。この時三角形で固められた「強すぎる」構造体があると他が壊れてしまうのです。だけど全接合が木仕口でファジーに繋がった伝統工法はフワリと不時着、致命傷は免れる訳です。世界最古の制振構造でしょうね。先人たちの素晴しい知恵に低頭。しかし残念ながら現在の建築基準法では認められておらず今回のように改修工事でなければお目にかかれません。
さて家を持ち上げるためには全ての柱の根元を固定しなければなりません。この柱の根元を固定する「キリン」という専門の工具もあるそうですが、今回は鉄骨を使用しています。ケースに合わせて様々な形で固定されておりました。
実際のジャッキアップは2日程度ですが、この根固め段取りに多くの時間が費やされます。5人の職人さんが建物のタテ方向に散らばり「やーれ、まーけ」「そーれ、まーけ」と掛け声を掛けながらリズムを合わせて建物を持ち上げていきます。1回のジャッキアップが8分=24ミリだそうです。
明らかに目に見えて建物が上がるということはありませんが、掛け声に合わせてギシギシと建物が鳴ります。天気が良い日でした。

2010年1月20日

災い転じてiPhone

昨晩深夜、酔って携帯電話をトイレに水没させてしまいました。1年余りお世話になったEモバイル昇天です。
昨今は携帯がなくなると生活のリズムが全く狂ってしまいます。今日も朝から大変でした。まず本日は昨年捕まったスピード違反の出頭日。およそ1月半何の音沙汰もないので「もしかして忘れた?」とか「いや、書類を失くしたとか?」とか「いやいや、白バイが事故ったとか?」とあれこれ自分贔屓な夢想に耽っていましたが、来ましたね。当然か。
で、久しぶりの錦糸町検察庁。出たところで早速、発作的に用事を思いつき近所の知り合いの事務所に行くのに確認の電話をしようとして、あ、ないや。大体この妙に小奇麗になったこの検察庁自体を写真に撮りたかったんだけれど。
とにかく公衆電話を探して掛けて、会話が済んで歩き出す。これだけのことでも時間をロスしているみたいに感じます。駅の横を歩いていると道の合間に新東京タワー。おおっ絶好のピクチャーポイント!だけど無い。
そちらの事務所について打合せ。来週のアポイントを決めるのにも、なければ無理。
段々いらついてきて早くしなければと、Eモバイルを買った店に急いだのですが、手前のSOFT BANKで足が止まりました。前から気になっていたんですよね。なんとなく店員さんに話を聞いたりして、使い勝手やデザインなどに頷いていたら、結局買ってしまいましたiPhone。先ほどから色々いじくっているのですが、イイですね!!何せわかり易い。大きさも丁度良いし、タッチパネルの感触はEモバイルと比べ物にならないほどイイ。
昨年Eモバイルを買った時はこれでもう何も要らない、くらいに思っていたのに。人は移り気なものです。
ちなみに唯一の難点であったモデムとしての流用も非正規版のアプリであるらしいし、何よりも最近は無料無線LANサービスが充実しているので考えて見ればそんなにやっきになってモデム機能を追い回す必要はないんですよね。
と、いうことで本日よりiPhoneユーザーになりました。

2010年1月12日

明けて早々

冬なのに阿波踊りの日が多いです。まずは10、11日と東京ドームの「ふるさと祭り」。リハーサルが7日にあったので都合3日間ですね。加えて今週16日には企業パーティーの出演。本日この打合せ、それに週末定期練習と年始の約2週で阿波踊りに既に5日も費やしております。仕事忙しいのですが・・・まあ16日の出演はマルスプランニング絡みですから文句は言えませんが。

IMAGE_475.jpg

ところで先日の東京ドーム、高円寺でも指折りのアップテンポ系の連が主体だったため、とても激しい演出になりました。私たち飛鳥連は高円寺一スローな連でして参加は選抜の数人ですが、合わせるのが大変です。中でも私、飛鳥の中で最も早い踊りが苦手な人間で、案の定練習時から「見苦しい」「見ていて切ない」などと好き放題言われ、がんばってスピードについていけるようにコツを聞いて練習していても「似合わないからやめな」余計なお世話です。でもまあ、いつもと違う人たちと一緒するのは新鮮で楽しい経験です。今後も積極的に参加しようと思いました。

IMAGE_478.jpg

ちなみに出演前の音合せが3塁側ブルペンだったのですが、狭い空間で聞く高円寺一の超打楽器軍団の大演奏はとんでもない迫力でした。直上のスタンドにいた知り合いから聞きましたが、床が揺れたそうですよ。この空間に大太鼓、締太鼓がそれぞれ15丁以上に大型フライパンみたいな鉦4丁ですからね。未だに耳鳴りがしています。

2010年1月 2日

明けましておめでとうございます

昨年暮れの28日滑り込みで上棟した藤沢の現場、高台にある敷地の屋上から夕日の富士が望めました。視線を南に移すと江ノ島、湘南の海がキラキラしています。

IMAGE_471.jpg

バブル期に社会に出た私たちの世代は好景気から不況へと時代が移る中に身を置き続けています。社会の通例や常識が毎年のように変化していて、気を緩めるとアッという間に時代の波に呑み込まれそうです。2009年は激動の年でした。オバマさんの「チェンジ」と意味合いが違いますが、時代の変化が本当に具現化し現れ始めている気がしています。2010年、マスコミでは厳しい予想が繰り返されていますが、どのような年になるでしょうか?
IT関連の産業が伸びるここ数年ですが、省エネルギー化へと進む地球で技術大国日本の存在価値が再度光を放つのではないかと期待しています。
日本が沈みゆく太陽でないと世界に示したいですね。
皆様のご健勝を心よりお祈りいたします。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。