2011年12月アーカイブ

2011年12月31日

今年もお世話になりました。

今年もお世話になりました。

大変な年でした。

日本大震災は当所のような小さな会社へも大きな影響を与え、プライベートでも事件が多かった年でした。

振り返るにはまだ区切りがついてないことも多いです。

ただ最後に良い本にたくさんめぐり合いました。またですが、今年の〆に書評を。

 

51XrT+yH-dL.jpg


限りなく透明に近いブルー/村上龍

今更なんですが・・・読んでビックリ。この本発売された当時、どれくらい衝撃を与えたのでしょう。

混沌・狂気の心情表現。自分がそういう状況に置かれているときって確かにこんな感覚だ、とか、もしくは感情移入できることってありますが、文章で現すのってすごく難しいと思うのです。これが実体験であるかどうかは、わかりませんが、ドップリとその世界に浸されます。

最後に垣間見える「その先」に託すのは希望なのか。村上龍さんのその後は知っている訳ですから、今読むと見ようによってはサクセスストーリー序章のような感もあるかも知れませんが、デビュー作である本書がどのように世の中に受け入れられたのか興味のあるところです。

芥川賞の作品って皆好きですが、ショックを伴うもの多いですね。



果てる_.jpg最終退行_.jpg鉄の骨.jpg

 

果つる底なき、最終退行、鉄の骨/池井戸潤

この作者に嵌ってます。「下町ロケット」の直木賞受賞で話題の人ですが、元銀行員という経歴を生かした銀行の内情暴露と悪いヤツ(特に銀行関係者)がギャフンという内容が多く、世の経営者が溜飲を下げること間違いなしの作品が目立ちます。

とりあえず3冊読みました。文体や空気感が割と違っていてどれが本来のスタイルなのか不思議な感じがありましたが、最後の50ページくらいからクライマックスに向けて一気にちりばめられたピースが集約するドライブ感がGOODです。また、ほとんどの作品にある銀行取引による違法資金の洗浄ルートを洗うシーンなんてのは他では中々見れませんね。

最後に読んだ鉄の骨は建設業界の「談合」を描いた作品で、身近な話だけに面白かった。

どの本も取り上げられている題材は社会問題となるようなものを中心にしていますが、それでいて一般社会に生きていれば普通に接触しうるモノばかり。

考えてみれば自由競争で成り立つ現代社会は極端な事件性はなくても十分にドラマチックな出来事がそこら中で起きていますものね。

 


思い煩うことなく_.jpg

 

思い煩うことなく愉しく生きよ/江國香織

本当に「本を愉しんだ」という感覚があります。

流れるような文体とリアル感が強烈な印象でした。主人公達が抱えるかなりヘビーな問題を悲壮感漂わすことなく情緒豊かに語っています。情景が目に浮かび、登場人物たちの息遣いや温もりさえ感じそうでした。

今年のベストかな。

 


 41zdyYgh0ZL._SS500_.jpg41Q9lwdz1NL._SS500_.jpg

 

ミレニアム2・ミレニアム3/スティーグ・ラーソン

1に続いて世界一風変わりなヒロイン、リスベット・サランデルが大活躍します。ハッキリ言って主人公のミカエルは途中からどうでもよくなり、リスベットがどうなるかが知りたくて知りたくてどうしようもなくなります。

ストーリー的に言うと2・3で一つのストーリーです。区切る必要はないのではないかと思いました。2を読み終わった後、「早く3を出してくれ~!ここで待て、は厳しいよー!と思っていたら本屋に並んでいて飛びつきました。

今年はコレが最後の本でした。昨日寝ずに読み終えて、今年はお終い。

そういう意味では良い区切りでした。

2011年12月21日

OPEN HOUSEのお知らせ

軽井沢O邸

中軽井沢駅から徒歩圏内でありながら豊かな自然に囲まれた敷地に立つ住宅です。
完全な別荘ではなく、夏季の長期滞在・引退後の生活を見越した建物に計画しています。

専用住宅
木造 地上2階建
敷地面積   441.79
建築面積     120.43
法床面積     129.71

Open House12.25 Sat. 12:00 - 16:00
注:今回はお客様のご要望で完全予約制とさせていただいております
ご来場いただける方は下記にメールまたはお電話ください。
案内図をお送りいたします。(現場はJR中軽井沢駅から徒歩15分)

2011年12月 2日

冬なのに

IMG_1279.jpg

神宮の銀杏がキレイに色づきました。

気温もぐんと下がり、気がつくともう12月です。

年をとると1年が早くなると言いますが、まったくですね。

遠い遠い記憶ですが、小学生の頃など1年間が現在の10年くらいに感じていたのではないかと思ってしまいます。


さて、周囲が季節をたっぷり感じさせてくれているのに今年は阿波踊りシーズンがズーッと続いています。特に今週、来週がひどい。

IMG_1281.jpg

写真はお台場ホテル日航の前で先日撮った夜景です。この日は東京モーターショーのために来日した某有名自動車メーカーの本国役員さんの歓迎パーティーに呼ばれました。翌日はいつもの銀座。日曜はASJイベントで宇都宮に行くのですが、18時のイベント終了後急いで戻ってきて20時から来年のふるさと祭りの合同練習(間に合うか?)。月曜が六本木ヒルズにて某著名人のパーティー出演、火曜は羽田空港でやはり某イベント出演、金曜は連の練習、日曜は男踊りの忘年会、月曜は連の役員会・・・どうなってんだ?

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。