2012年2月アーカイブ

2012年2月18日

初中国・・・またも地元人扱い

中国・大連に来ています。朝鮮半島の西の付根で、「坂の上の雲」の舞台、旅順港や二百三高地が近くにあります。

初中国なので見るもの全てが新鮮ですが、随所で個人主義社会を感じることが多く、アジアというより欧米の国に近い印象です。

IMG_1542.jpg


人々はパワフル、というか余計なこと考えているヒマないんでしょうね。考え方や感性が物凄くストレートで、貫通力がある。どんどん発展・変化している最中で「振り返るのは後だ」みたいな感じです。そういういところは昔の日本っぽい。

とりあえずインパクトがあったのが道路。交通量はかなり多いのですが、横断歩道が極端に少なく、もちろん歩道橋なんてありませんから、どんなに広い道路でも(相互合計8車線とかでも!)人々は当たり前のように横切って渡ります。信号自体が極端に少ないので、そうしなければ渡れませんしね。第一、6車線、8車線の道路が交わる信号のない交差点なんてのがザラですし、結構な数の車が信号を守りません。交差点のルールは人間も含めて「早い者勝ち」です。
街中に高層ビルが立ち並びますが、こういうところにアンバランスさを感じますし、ネットが
googlefacebookに繋がらないことで共産主義国家を再認識させられますね。

食べ物関連ですが聞いていた通り、水は臭いです。飲むとすぐ腹を壊しそうですが、料理は問題なく食べられます。


IMG_1550.jpg

今日早朝のプレゼンは上手く行って一応GOサインが出ましたが、まだ色々と曖昧な部分があって多少不安。
とりあえず関係者と空いた時間を利用して大連市場に行ってみました。築地とアメ横を足して3で割り、面積を10倍にしたような場所でした。現地の日本人に案内していただきイカやタコの干し物を買い、お茶屋さんでは茶葉に加え中国式のお茶セットを一揃え衝動買い。フルセットで2500円・・・日本で買うと間違いなく2万円くらいしそうです。

IMG_1543.jpg

ところで、昨日行ったお店で「中国人みたい!」と言われました。
連れの日本人と店に入った瞬間、中国語で話しかけられビックリしました。「中国人のツアーコンダクタだと思った」そうです。
私は東京生まれ東京育ちでありながら、日本全国どこへ行っても「地元の人」といわれる事が多く、「要するに典型的な日本人顔って事なんだろうな」と一人合点していたのですが・・・どういうことでしょうか?

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。