« 初中国・・・またも地元人扱い | ホーム | OPEN HOUSEのお知らせ »

2012年3月 2日

特別講習会

また阿波話です。
先日知り合いからマルスプランニングが阿波踊り関連ブログとして紹介されていることを聞き笑いました。

さて、私が所属する飛鳥連は昨年から鳴物から踊りにいたる連全体の融和を目標にしています。色々な試みをしていますが、本格的なシーズンを前にして師匠連の娯茶平からお囃子・女踊り・男踊りの名人を招いて特別練習会を開催することにしました。

このブログでも何度か紹介しましたが、娯茶平は徳島でも老舗中の老舗で、人気・実力共に最高峰の連です。最近流行のビートの効いた阿波踊りと一線を画し、スローなテンポにのせる情感豊かな音と踊りは常に飛鳥連の目標です。今回も多くのことを学ばせていただきました。目標・お手本の存在というのは本当にありがたいものですが、この最高の環境を享受する度に、娯茶平はもちろんのこと飛鳥連の諸先輩方に深く感謝します。

 IMG_1654.jpg

昨年から個人的にも色々と相談させてもらっているのですが、繰り返し繰り返し「技術面より、人の和を大切にせい」と言われます。音も踊りも作るのは人なのですから当然なのですが、徳島最高の技術を持つ方々に言われると意味深です。

いつも関心するのですが娯茶平は300人の大所帯を保ちながら常に質が落ちない。もうじき創立70周年を迎えられますが、とりあえず私が見届けた20年をみても圧巻です。人の入れ替わりはあるんです。毎年お付き合いしているのでそれほど頻繁とは感じませんが5年サイクルくらいで見ると顔ぶれは結構違う。でも本質のようなものは確実に受け継がれている。必然かつ自然な新陳代謝は本場の層の厚さという理由では片付けられない気がします。「組織は生き物」という言葉をたまに耳にしますが娯茶平を見ると納得です。明確なルール付けはないのに何故このように的確な継承がされるのかとても興味がありますが、江戸時代260年間廃らずに継承され続けた「江戸しぐさ」や「講」も口伝のみだったことを思い出します。

 IMG_1669.jpg

常に尊敬・感謝の念はもちろん持っていますが、せっかく来ていただくのですから時間の許す限りキッチリ働き・・・いやいやご指導願いました。朝一番の飛行機で羽田到着後に即刻拉致。AM10時から夕方までミッチリ指導していただきました。

当日は飛鳥連の総会・新年会もありましたので、そのまま参加していただき3次会までお付き合いしていただきました。っていうか私の方が先にダウンしてしまいましたが・・・申し訳ないです。

翌日は連長と一緒に都内めぐりをしました。私たち西東京の人間はあまり馴染みのない東方面。ウチの連長何故か詳しいんですよね。特に浅草は娯茶平の方々も着物用品などが揃うので、東京に来るとよく来るようで喜んでいました。

 IMG_1688.jpg

東といえばスカイツリーっすよね。足元まで行ったんですがアングルに納まりきらないんでこういう撮影風景になっています。横になってるの連長です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.mars-arch.com/mt-tb.cgi/31

コメントする

このブログ記事について

このページは、mars-ohsawaが2012年3月 2日 09:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初中国・・・またも地元人扱い」です。

次のブログ記事は「OPEN HOUSEのお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。